診療の案内

外国で用いられ本邦にない代表的なワクチン

ヨーロッパダニ脳炎
(TBE Tick-borne encephalitis)
ワクチン

不活化ワクチン。


ダニ脳炎は中央ヨーロッパからシベリア地方まで分布しています。
ヨーロッパ型とロシア春夏脳炎型と2種類あり、煤介ダニも異なります。
感染は主に森林地帯であり、都市生活者では不要です。


20年前に前者に対するワクチンが開発され、3回接種が必要です。

ヘモフィルスインフルエンザb
ワクチン

乳幼児の細菌性髄膜炎の起炎菌として重要です。
欧米だけでなくアジア各国でも導入されている。

ロタウイルスワクチン
(hepatitis A)

冬期の乳児下痢の主要原因であるロタウイルスに対するワクチン(いわいる感冒性胃腸炎の原因であるノロウイルスとは異なる)。


米国では、1999年に一度定期予防接種計画に組み入れられたが、腸重積の関連から、中止になった。
2006年に、再導入されたが、以前のワクチンとは異なる。


対象者は2~6ケ月で、経口摂取のワクチンで、3回行う。
32週までに接種を終了する様、注意されている。
本邦では、利用できない。

7価肺炎球菌ワクチン
(PCV)

乳幼児の肺炎・髄膜炎・菌血症の予防のためのワクチン、米国で2000年に導入。


後述の成人に使用される23価の肺炎球菌ワクチンでは、小児には免疫が付与されない。


接種スケジュールでは、結合型7価肺炎球菌ワクチンを生後2、4、6ケ月と12~15ケ月の計4回接種することになっている。


不活化ワクチン。
本邦には、相当するワクチンはない。

A型B型肝炎の混合ワクチン、
A型肝炎腸チフス混合ワクチン

これらの混合ワクチンが接種回数の軽減や費用の節約のため一部の国で採用になっている。


又、A型肝炎ワクチン(成人用)は、製造法やアジュバントの関係で接種回数やスケジュールが日本と異なる。

ヒト乳頭腫ウイルス
(Human papillomaviirus)
ワクチン

2006年にFDAより承認された子宮頸癌の原因であるヒト乳頭腫ウイルスに対するワクチンである。


一部母子感染もあるが、ほとんどは性交渉から感染が成立する。


対象者は、11~26歳の女性。
3回の接種が必要である。
本邦では利用できない。

帯状疱疹(Zoster)ワクチン

2006年に導入された帯状疱疹の生ワクチン。
60歳以上が、対象で、1回接種である。
本邦にはない。

ページのトップへ