後期研修プログラム

外科

対象者

卒業2年の初期臨床研修修了者

目標

日本外科学会の外科専門医修練カリキュラムに沿った研修を行う。
日本外科学会の掲げる下記の一般目標、到達目標の修練を行い、最終的には外科専門医資格の取得を目指す。
また、国民のニーズにこたえるべく、レベルの高い均質な、包括的で全人的な外科診療を実践できる外科医の養成を目標とする。

計画

具体的な指導計画は各分野を専門とする担当指導医師の指導のもと遂行する。

研修内容と達成目標

一般目標1(総論的)

  • 1.外科専門医として、適切な外科の臨床的判断能力と問題解決能力を修得する。
  • 2.手術を適切に実施できる能力を修得する。
  • 3.医の倫理に配慮し、外科診療を行う上での適切な態度と習慣を身につける。
  • 4.外科学の進歩に合わせた生涯学習を行うための方略の基本を習得する。

一般目標2(各論的)

  • 1.外科総合カリキュラムとして学習する。
  • 2.外科サブスペシャルティに共通する外科の基本的問題解決に必要な基礎的知識、技能および態度を修得する。
  • 3.医の倫理に配慮し、外科診療を行う上での適切な態度と習慣を身につける。
  • 4.座学としてではなく、実地臨床症例を教師とし、体験から自己学習を促進する。

到達目標

  • 1.外科診療に必要な基礎的知識を習熟し、臨床応用ができる。
  • 2.外科診療に必要な検査・処置・麻酔手技に習熟し、それらの臨床応用ができる。
  • 3.一定レベルの手技を適切に実施できる能力を修得し、その臨床応用ができる。
  • 4.外科診療を行う上で、医の倫理に基づいた適切な態度と習慣を身につける。

計画

  • 【1年次】
    主に良性疾患を中心とした手術手技を習得し、また、癌患者の主治医となり、進行度に応じた治療方針を学習する。
    手術については、助手として実施することができる。
    具体的には鼡徑部ヘルニア、痔核、痔瘻、下肢静脈瘤、急性虫垂炎、胆石症などに対する手術手技を修得し、術者となる。
    食道癌、胃癌、大腸癌などの悪性疾患については主として助手として手術を経験する。
    胃腸吻合、大腸吻合ができるようになる。
    症例報告などの学会発表、論文発表を行う。

  • 【2年次】
    1年次に学んだ手術手技を基に、良性疾患に加えて癌に対するopen surgeryを術者として経験する。
    Advanced endoscopic surgery については助手、scopistとして手術を経験する。
    症例報告などの学会発表、論文発表を行う。

  • 【3年次】
    1、2年次に経験できなかった手術症例の経験を補う。
    さらに、癌に対するadvanced endoscopic surgeryの術者として手術を行う。
    良性疾患に対するする手術については研修医の指導を行う事ができる。
    日本外科学会専門医療資格の取得、さらに将来的には日本消化器外科学会専門医、日本内視鏡外科学会技術認定医資格の取得を目指し、準備を行う。

週間スケジュール
午前回診
外来診察
回診
外来診察
手術
回診
外来診察
(手術)
8:00*
回診
外来診察
回診
外来診察
合同カンファレンス
午後(手術)手術(手術)手術(手術)-

横スクロール

お問い合わせ

〒657-0068
神戸市灘区篠原北町3丁目11番15号

神戸海星病院 経営管理部 加藤
TEL:078-871-5201