入院のご案内

入院医療費に関するお知らせ(DPC対象病院)

神戸海星病院では、厚生労働省からの指定を受け、平成21年4月1日よりDPC対象病院となります。
これに伴い、入院費の計算方法がこれまでの「出来高計算方式」から「DPC(診断群分類包括評価)方式」へと変更いたしますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

DPCとは

Diagnosis(診断) Procedure(処置・手技) Combination(組み合わせ)の略です。

従来の診療行為ごとに計算する「出来高計算方式」とは異なり、入院される患者様の病気や診療内容に応じて、厚生労働省が定めた診断群分類点数(平成20年4月時点で2,451分類。包括評価対象となる診断群分類は1,572分類)に基づいて、1日当たりの金額からなる包括評価部分(投薬・注射・処置・検査・入院基本料 等)と、出来高評価部分(手術・麻酔・リハビリ・内視鏡検査 等)を組み合わせて医療費を計算する日本独自の新しい会計方法です。

平成15年から厚生労働省が医療の標準化を進めて高品位の医療を提供することを目的に、大学病院・国立病院を中心に施行され、平成30年度時点で1730病院(約49万床)にまで増加、急性期病床(急性期一般入院基本料等に該当する病床)の約83%に該当します。

医療費の計算方法

  • 医療機関別係数とは、病院の機能に応じて病院ごとに定められる一定の係数です。

これにより同一の診断治療であっても、病院によって医療費の総額が若干異なることがございます。

  • 退院時に処方されるお薬は、包括評価の対象とはなりません。出来高評価点数の扱いとなります。

DPCの対象にならない方

  • 自賠責保険が適用される患者様
  • 労働災害や公務災害が適用される患者様
  • 自費診療の患者様24時間以内に亡くなられた患者様
  • 地域包括ケア病棟に入院されている患者様
  • 診断群分類毎に定められた入院期間を超えた患者様

DPCの対象になる方

  • 平成21年4月1日以降に入院された患者様が対象になります。

入院診療費のお支払いについて

  • 入院診療費のお支払い方法

    退院当日、一階総合受付にてお支払いくださいませ。

  • 特定疾患受給者証、公費医療をお持ちの方

    特定疾患、公費の傷病名が、入院の主たる治療目的である場合には従来通りご利用いただけます。

  • 高額療養費制度の取扱について

    高額療養費制度は従来通り、ご利用いただけます。

    • 申請につきましては、加入されている健康保険(保険証を発行している所)へご相談ください。
    • 国民健康保険は各市町村、社会保険は各組合等
  • 食事療養費について

    DPC方式の対象とはなりませんので従来通りのお支払いとなります。

  • 室料差額、自費について

    DPC方式の対象とはなりませんので従来通りのお支払いとなります。

患者様へのお願い

DPC方式では一つの病名に対して入院診療を行うことを前提とした制度です。

  • 入院中に重症化した場合など、入院当初の診断群分類が変更となった場合には、請求金額が変更する場合がございます。
    そのため、月毎の定期請求や退院時に、すでにお支払い頂いている医療費との差額を調整させていただくことがありますので、予めご了承ください。
  • 緊急を要しない他の病気の治療や検査を希望された場合には、退院後にお願いすることがあります。

ご不明な点がございましたら、入院担当者までお問い合わせください。