当院の紹介

病院長あいさつ

2022年4月1日より、医療法人財団神戸海星病院の病院長職を拝命しました、柴沼 均(しばぬま なお)と申します。

神戸海星病院は、1871年(明治4年)に神戸に住む在留外国人のために神戸万国病院の名称で設立され、昨年の2021年に創立150周年を迎えました。当初は在留のドイツ人医師が設立したKobe International Medical Foundationが運営しておりましたが、その後はフランシスコ修道会、社会福祉法人聖母会、を経て医療法人財団へ継承された後、2002年よりセコム医療システム社と包括的業務提携を結ぶに至っております。

このように、神戸海星病院が日本有数の長い歴史を築くことができましたのは、患者様や患者様のご家族、そして地域住民の方々からご支援をいただいたお陰であると大変感謝しております。

病院の理念であります、「愛と奉仕」の精神のもとに、今後も地域から必要とされる病院を目指し、より先進的で質の高い医療を提供できるように、職員一同で努力する所存であります。

今後とも、皆様のご理解とご支援をよろしくお願いいたします。

病院長 柴沼 均

病院長
柴沼 均

職歴
1994年6月 三田市民病院整形外科 副医長
1998年4月 三菱神戸病院 医長
2000年2月 米国 National Institutes of Health Visiting Fellow
2002年6月 神戸大学大学院医学系研究科 医員
2003年4月 神戸大学大学院医学系研究科 助手
2004年2月 神戸海星病院整形外科 部長
2015年4月 神戸海星病院 診療部長
2018年1月 神戸海星病院 副院長