後期研修プログラム

整形/リウマチ・人工関節センター

対象者

卒業2年の初期臨床研修修了者

目標

日本外科学会の外科専門医修練カリキュラムに沿った研修を行う。

計画

具体的な指導計画は各分野を専門とする担当指導医師の指導のもと遂行する。

研修内容と達成目標

診断・検査

  •  1.基本的診察と病態考察ができる。
  •  2.神経学的に高位、横断診断が考察できる。
  •  3.救急外傷患者に的確で、迅速な病態把握ができる。
  •  4.痛みの原因分析ができる。
  •  5.検査の意義を十分理解し、検査の適応を正しく処方できる。
  •  6.基本的検査を適切に計画し、意味を判断できる。
  •  7.論理的、学理的に病態把握を正しく施行できる。
  •  8.整形外科的緊急危険状態を感知できる。

治療・アフターケア

  •  1.病状把握と患者のプロフィールからその人にあった治療計画と見立てができる。
  •  2.論理をふまえ適切な説明と同意ができる。
  •  3.治療について本人、家族と十分話し合え、納得と信頼をうることができる。
  •  4.適切な薬剤処方、使用ができる。
  •  5.開放骨折の初期治療が適切にできる。
  •  6.関節の感染症の初期治療が適切にできる。
  •  7.全身管理が正しくできる。
  •  8.整形外科的保存治療を適切に対応できる。
  •  9.患者の心理・情緒を洞察し、カウンセリングがある程度できる。
  • 10.基本的手技が確実にできる。
  • 11.バイタルサインを正しく把握し、生命維持に必要な処置を的確にできる。
  • 12.救急外傷患者の搬送について正しく適切に対応できる。
  • 13.関節注射、ブロックが正しくできる。
  • 14.スポーツ外傷の現場での処置ができる。
  • 15.介達・直達牽引法が的確にできる。24) 各種装具を設計し、指示できる。
  • 16.高齢者の整形外科的骨関節疾患への治療計画ができ、十分助手ができる。
  • 17.高齢者脊椎疾患への治療計画ができ、十分助手ができる。
  • 18.慢性関節リウマチの治療計画ができ、関節外科の助手ができる。
  • 19.機能障害、能力障害、社会的不利を評価でき、適切なリハビリ計画ができる。
  • 20.リハビリテーションのうち理学療法が十分指示でき、評価できる。
  • 21.リハビリテーションのうち職能訓練が十分指示でき、評価できる。
  • 22.廃用症候群の内容を分析でき、的確な治療計画が立てられる。
  • 23.高齢者・障害者に対し、適切な生活アドバイスができる。

研究

  •  1.自主的に研究テーマを求めることができ、これを分析できる能力を身につけることができる。
  •  2.症例報告論文を口頭発表および執筆できる。

教育

  • 若い研修医に対して適切なアドバイスと指導ができる。
週間スケジュール
午前回診
外来診察
回診
外来診察
回診
外来診察
回診
外来診察
回診
外来診察
回診
外来診察
午後手術-手術手術手術-

横スクロール

お問い合わせ

〒657-0068
神戸市灘区篠原北町3丁目11番15号

神戸海星病院 経営管理部 加藤
TEL:078-871-5201