当院の紹介

沿革

明治4(1871)年 神戸万国病院創立
明治7(1874)年 神戸市生田区山本通1丁目に病院建設
大正7(1918)年 神戸市葺合区布引・新生田川東岸に新病院建設移転
昭和20(1945)年 6月 戦災により病院倒壊
昭和20(1945)年10月 旧六甲ホテルの中に再び病院開設
昭和24(1949)年 マリアの宣教者フランシスコ修道会が病院の経営管理を継承
昭和36(1961)年 9月 保険医療機関・財団法人 神戸万国病院を廃止
昭和36(1961)年10月 社会福祉法人・聖母会 神戸海星病院開設
昭和38(1963)年 4月 総合病院として認可
昭和47(1972)年 4月 病院外来棟が完成
昭和47(1972)年 8月 整形外科病棟開始
昭和47(1972)年 8月 女子職員宿舎完成
昭和47(1972)年10月 4階内科病棟開始
昭和47(1972)年12月 聖堂の落成
昭和52(1977)年 7月 病院増改築完成(クリーンルーム、検査室、霊安室)
昭和61(1986)年12月 救急指定病院となる
平成 元(1989)年10月 社会福祉法人・聖母会から医療法人財団に継承
平成 5(1993)年 2月 消化器病センター新設
平成 6(1994)年 4月 神戸海星病院看護専門学校開設
平成 6(1994)年12月 神戸海星訪問看護ステーション発足
平成12(2000)年 4月 介護保険制度実施 平成13年10月3階病棟21床を療養型介護医療施設で運営
平成13(2001)年10月 増築棟完成
平成14(2002)年 4月 セコム医療システム株式会社と業務提携
平成16(2004)年10月 全面建替え工事着工
平成16(2004)年12月 亜急性病床新設(8床)
平成17(2005)年 2月 2対1看護体制に移行
平成18(2006)年12月 新病院へ移転・オープン(許可病床180床(亜急性12床))
平成19(2007)年 1月 7:1看護体制に移行
平成19(2007)年 3月 日本医療機能評価機構・認定病院(Ver.5.0)
平成21(2009)年 4月 DPC導入
平成21(2009)年 5月 手術室・内視鏡センター増改築
平成21(2009)年 6月 セコムフォートウエスト株式会社と業務提携
平成22(2010)年 1月 インドネシア人看護師候補者受け入れ
平成22(2010)年 4月 亜急性病床増床(16床)
平成23(2011)年10月 病院開設140周年記念式典を開催
平成24(2012)年 5月 日本医療機能評価機構・認定病院(Ver.6.0)
平成24(2012)年10月 兵庫県で初めて「ブラックジャックセミナー」を開催
平成25(2013)年 4月 セコム提携の3病院で「新人合同入職式」を開催
平成26(2014)年 4月 乳腺外科を新設
勤務体制・勤務時間等の見直し
2交代・3交代制選択制から2交代制へ変更
日勤・勤務時間数8時間から7時間45分へ変更
平成26(2014)年10月 亜急性病床廃止、5階病棟に地域包括ケア病床新設(15床)
平成27(2015)年12月 インドネシア人看護師候補生受け入れ
平成29(2017)年 5月 日本医療機能評価機構・認定病院(3rdG:Ver.1.1)
平成29(2017)年 9月 5階病棟を地域包括ケア病棟に変更(60床)
平成30(2018)年 1月 HCUをリハビリテーション室に変更、許可病床数176床に
平成30(2018)年 7月 訪問リハビリテーション部門を開設
平成30(2018)年 8月 整形外科 手術支援ロボット「MAKO」を導入