部門紹介

ビタミンB12

ビタミンB12は、葉酸と働きあい、赤血球を作り出す役割があります。
ビタミンB12が不足すると、だるさやめまい、動悸、手足のしびれといった症状が起こり、悪性貧血になる恐れがあります。
また、神経過敏、集中力の欠如といった、神経症状を引き起こす原因にもなります。



ビタミンB12を多く含む食品

干しのり
77.6
かたくちいわし
64.5
しじみ
62.4
あさり
59.6
すじこ
53.9
ほっきがい
47.3
イクラ
47.3
はまぐり(佃煮)
45.4
ホタルイカ
34.4
きびなご
24.4

[μg/100g当たり]

推奨量(1日当たり)

成人男女:2.4μg
妊婦・授乳婦:+0.4μg


寝不足の人は特に、ビタミンB12が豊富な魚介類を摂ろう!!

ページのトップへ