部門紹介

ナイアシン

ナイアシンはビタミンB2と同じように糖質代謝するときにも、又脂質を分解したり合成したりするときにも働いています。
ナイアシンが不足すると体の各組織においての酸化還元反応がうまく行われなくなります。
欠乏症としては、食欲不振、皮膚炎、下痢、神経障害 などがあります。



ナイアシンを多く含む食品

たらこ
49.5
かつお(なまり節)
35.0
まぐろ
19.4
落花生(殻つき)
17.0
ピーナッツバター
16.2
むろあじ
16.0
かつお(缶詰)
15.0
くろまぐろ
14.2
焼き豚
13.5
さば
10.4

[mg/100g当たり]

推奨量(1日当たり)

成人男性:15mg
成人女性:12mg
妊婦初期:+0mg
妊娠中期:+1mg
妊娠末期:+3mg
授乳婦:+2mg


ナイアシンをたっぷり摂って二日酔いを予防しよう!!

ページのトップへ