後期研修プログラム

眼科

対象者

当該年度に後期研修を開始する眼科専門医志向医1名

目標

眼科医に不可欠な技能と知識を獲得することが海星病院眼科後期研修の目的です。
眼科専門医の資格を得ることは、そのための当面の目標です。

 

眼科専門医には眼科学を幅広く理解することが求められており、このため、多彩な症例が集まり易い、大学病院をはじめとする眼科研修プログラム施行施設での研修が必修化されています。
即ち、眼科専門医を目指す後期研修医は、専攻開始後の1年目もしくは2年目を、眼科研修プログラム施行施設で研修せねばならないのです。
この現実を考慮し、神戸海星病院眼科では、神戸大学病院とタイアップのうえ、以下のプログラムを用意しました。

プログラム

1年目:神戸海星病院で研修
2年目:大学病院で研修
3年目:1年を「関係病院群*」で研修
4年目:1年を海星病院で研修



*:関係病院群は以下の通り

  • 神戸大学病院
  • 千舟病院
  • 甲南病院
  • 三菱神戸病院
  • 神戸社会保険中央病院県立こども病院
  • 明石市民病院
  • 三田市民病院
  • 小野市民病院
  • 県立加古川病院
  • 高砂市民病院
  • 加古川市民病院
  • 新日鉄広畑病院
  • 京都ルネス病院

プログラムの説明

神戸海星病院は神戸市灘区にある中規模病院です。
眼科には現在4名の眼科専門医がおり、地域医療に貢献しています。
眼科後期研修の1年目をこうした第一線の病院で研修することで、眼科医としてきわめて常識的な眼瞼/結膜疾患、白内障手術、裂孔原性網膜剥離、糖尿病網膜症、緑内障といった疾患に関する体験を積むことができます。

 

なお、海星病院でのこうした実地の臨床研修は研修の初期から開始されます。
細隙灯顕微鏡の使用や眼底検査に関する初期研修は、卒後臨床研修の間に修了しておくことを勧めます。


1年の神戸海星病院での研修の後、神戸大学病院で、より専門性の高い網膜疾患の治療、緑内障の治療の実際を学んで頂きます。
こうして、はじめの2年間で幅広く眼科学の実体験をして頂いた後、後半の2年間でふたたび1年間は海星病院に戻り、眼科臨床医としての手術、診察、検査に関するスキルを磨いて頂きます。
また、あとの1年は、より多様な眼科臨床の現場を経験していただくため、神戸大の関連病院で研鑽を積んで頂く予定です。

 

なお、後半の2年にはフレキシビリティがあります。
即ち、高い専門性や研究、留学といったことに興味のある先生は、海星病院のプログラムを離れ、神戸大学大学院の入学を含めた、神戸大学関連病院内の研修プログラムに移行することが可能です*。
眼科専門医をめざすみなさんの第一歩として神戸海星病院に来て頂くのを楽しみにしています。


* 移行に際しては、研修プログラムの総括責任者である、神戸大学大学院眼科根木昭教授の認可が必要です。

お問い合わせ

〒657-0068

神戸市灘区篠原北町3丁目11番15号

神戸海星病院 眼科 安積 淳

TEL:078-871-5201

ページのトップへ