診療の案内

外科

受付時間

●初診受付時間  月曜日~土曜日  午前8:30~午前11:30

診療案内はこちら

 

  • 再診は予約制ですが、初診は時間内であればいつでも受け入れ可能です。
  • 特別に専門外来は設けておりません。

医師紹介

院長補佐
安積 靖友
昭和57年 宮崎医科大学卒

  • 日本外科学会専門医 指導医
  • 日本消化器外科学会専門医 指導医
  • 日本消化器病学会 専門医
  • 日本大腸肛門病学会専門医 指導医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 消化器がん外科治療認定医
部長
木許 健生
昭和63年 島根医科大学医学部卒

  • 日本外科学会専門医 指導医
  • 日本消化器外科学会専門医 指導医
  • 日本肝臓学会 専門医
  • 日本がん治療 認定医
  • 日本乳癌学会 専門医
  • マンモグラフィー精度管理中央委員会認定読影医:A評価
橋本 悠 平成25年 香川大学医学部卒業

松田 武人 平成23年 東海大学医学部卒業

川口 勝徳 昭和41年 神戸医科大学卒業

  • 日本外科学会指導医
  • 日本消化器外科学会指導医
当科の概要

 

当科は、消化器・一般外科(消化器疾患、肛門疾患、ヘルニア)を中心に診療を行っております。

 

当科の特徴としては、手術症例のうち、全身麻酔症例が8割近くを占め、その中でも悪性腫瘍を対象とした手術が大部分を占めることがあげられます。

特に食道癌や肝、胆、膵領域の悪性疾患症例や骨盤内の高度進行・再発腫瘍に対しても積極的に外科的切除を行っております。

 

消化器疾患に対する治療方針は消化器内科と密に連携して決定し、特に悪性疾患症例では、疾患の進行度に応じて、標準手術以外に手術をせずに治せる内視鏡切除やからだに優しい鏡視下手術を選択して、過不足ない治療を提供する事を第一としております。
また、近年化学療法が悪性腫瘍の治療において、重要な役割を果たすようになっているため、当科でも術前後に化学療法が必要な場合には、外来で化学療法を積極的に施行しております。

 

当科では、中規模民間病院の特徴を生かして検査から手術まであまり時間をかけることなくフットワークを軽くすることをモットーにしており、特に癌の患者さんを術前にお待たせしないことを意識して治療にあたっています。

当科の特色
  1. 消化器悪性疾患を中心とした手術症例

    消化器悪性疾患に対する手術症例が多く、その中でも特に手術の難易度の高い食道癌、膵臓癌、胆道癌、肝癌に対しても積極的に手術を行っております。

  2.  

  3. 兵庫県立粒子線センター、神戸大学肝胆膵外科とタイアップしたスペーサー留置術

    神戸大学肝胆膵外科、兵庫県立粒子線センターとのタイアップで骨盤内の再発腫瘍(直腸癌、婦人科癌、骨軟部腫瘍)に対するスペーサー留置術あるいは拡大切除術を行っております。

  4.  

  5. 腹腔鏡による低侵襲手術

    良性疾患や、早期癌を中心に、内視鏡外科手術を行っております。

    胆石症の治療についてはこちら

    内視鏡外科手術についてはこちら

主な施設基準・施設認定
  • 外来化学療法加算1
  • がん性疼痛緩和指導管理料
  • 日本外科学会外科専門医制度指定施設
  • 日本消化器病外科学会専門医制度修練施設

 

学会などの施設認定一覧

ページのトップへ