部門紹介

生理検査

心電図や超音波など患者様の体に触れて行う検査の事を総称して生理検査といいます。

心電図検査

安静時心電図

心電図では心臓のリズムの異常(不整脈)のほか、心筋梗塞の時の壊死範囲や、壊死した心筋が修復される過程などがわかります。
※検査時はストッキング・タイツ類は脱いでいただきます。

運動負荷心電図

狭心症などは、胸痛発作が起こっている時以外は正常時と変わりがなく、心電図検査を行ってもあまり異常が発見できず診断が容易にできません。
そこで患者様にある種の運動をしてもらい心臓に負荷をかけて心電図を記録します。
心電図上のわずかな変化で診断をすることができます。
胸痛 肩こり 胸の不快感などのある方は、安静時心電図だけではなく運動負荷心電図までされることをおすすめします。

 

当院では、マスター(階段昇降)、トレッドミル(ランニングマシーン)の2種類の負荷心電図を行っています。

マスター2階段昇降 トレッドミル

※ 人間ドックではマスター負荷試験、循環器内科では主にマスター負荷試験とトレッドミルを行っています。

ホルター心電図

心臓の病気の中には発作中にしか変化のおこらない場合がありまます。
発作中にタイミングよく検査ができればよいのですが、そのようにうまくいくとは限りません。
そこで考えられたのがホルター心電図です。
心電図の電極をテープで胸に貼り付けて、小さな記録装置を24時間携帯して頂きます。
日常生活をしている間の全心拍を記録し解析します。
仕事中あるいは車の運転中や睡眠中にあっても、どんな不整脈がどのような時にどれくらい出ているのか、又狭心症があるかないかがわかります。

ABI(Ankle-Brachial Index)、PWV(脈波伝播速度)

両手 両足の血圧及び脈波 心音 心電図を同時に測定し、計算値より全身の動脈が、狭くなったり、詰まっていないかどうか、動脈壁が硬くなっていないかどうかを推測します。

動脈硬化とは血管が狭くなったり、詰まったり、硬くなったりすることで、脳梗塞や心筋梗塞の他にも様々な病気を引き起こします。
この検査はこのような病気の予知に役立ちます。
簡単にできる検査ですので一度検査を受けてみてください。
検査時間は約5分程です。

ABPM(携帯型24時間血圧装置)

携帯型血圧計を24時間腕に巻き、日常生活をしていただきます。
一定時間おきに血圧を測定し、一日の血圧の変化を記録します。
この結果は、降圧剤の種類や服用の仕方の参考になります。

超音波検査

体に害のない超音波を使って各臓器をリアルタイム画像で見る検査です。
当院では3台の超音波装置があり、腹部・乳腺・頚動脈・甲状腺・下肢静脈・心臓・表在の超音波検査を実施しています。

腹部超音波検査

主に肝臓 胆嚢 膵臓 腎臓 脾臓 のチエックをします、必要に応じて下腹部の臓器も見ます。
肝炎 肝硬変 脂肪肝 膵炎 胆石 腎臓結石 腫瘍 ポリープなどがわかります。
条件が良ければ5mmぐらいの病変から診断する事ができ早期発見に役立っています。
検査時間は約20分程です。
※検査に影響があるため、基本的に絶食で検査を行います。

心臓超音波検査

心臓の動きや状態をリアルタイム画像で見る検査です。
心筋梗塞などで動きの悪くなった部分や、心臓肥大 心臓弁膜症 心不全などの診断に役立ちます。

頚動脈超音波

脳に血液を送っている頸部の太い血管の動脈硬化の程度を見る検査です。
脳の検査はMRI MRAが一番有効ですが、それらは手軽にできる検査ではありません、まずは頸部の血管を超音波で見て次のステップに移っていくと良いでしょう。
検査時間は約20分程です。

乳腺超音波検査

乳腺の状態や腫瘤の有無、リンパ節の腫れなどをチェックします。
検査時間は10~20分程度です。
※腫瘤が見つかった場合、エコー下穿刺吸引細胞診を行うこともあります。

下肢静脈超音波検査

脚にある深部静脈に血栓(血液のかたまり)がないかをチェックします。
脚の付け根からくるぶしにかけて検査していきます。
検査時間は20~30分程度です。
※当院では、手術前・手術後(特に人工関節手術)に行うことがあります。

聴力検査関係

当院では耳鼻科外来において以下のような検査を実施しています。
標準聴力検査(気導聴力、骨導聴力)、語音聴力検査、チンパノメートリー、あぶみ骨反射、内耳機能検査(SISI検査)

呼吸機能検査

肺から出入りする空気の量などを測定して、肺の働きを調べる検査です。
この検査は主に呼吸器系疾患を調べるために行われますが、その他、手術前など全身状態をチェックする目的で行う場合もあります。

神経伝導速度検査

平成14年5月に新しく誘発電位測定用の装置を購入し、末梢神経障害などの検査として用いられる神経伝導速度の測定を開始いたしました。
運動神経、感覚神経をどのくらいの速さで刺激が伝わるかを測定し、末梢神経の伝導障害が無いかどうかを調べます。
この装置ではこの検査のほかに、SEP(体性感覚誘発電位)、VEP(視覚誘発電位)、等も測定可能となっています。
この2つの検査につきましては、現在準備中ですので準備が整い次第に検査を開始していきたいと思います。

 

 


 

 

以上が当院で行われている生理検査です。神経伝導速度検査を除いては、ほとんど痛みの無い検査です。
又、心電図検査以外は予約制となっていますので、予約されますと待ち時間も少なくなっております。
ただし、緊急の場合は予約以外でも迅速に対応しています。

ページのトップへ