部門紹介

しいたけ(生)

しいたけ(生)の栄養素

カリウム 280mg
食物繊維 3.5g

(食材100gあたり:五訂日本食品成分表より抜粋)

しいたけ(乾燥)の栄養素

カリウム 2100mg
食物繊維 41.0g
リン 310mg
マグネシウム 110mg
1.7mg
亜鉛 2.3mg
0.50mg
葉酸 240μg
パントテン酸 7.93mg

(食材100gあたり:五訂日本食品成分表より抜粋)

しいたけの特徴

日干しにするとビタミンDが増加

しいたけが日本で本格的に食べ始められたのは、室町時代と言われ、栽培の歴史も古くからあるようです。

しいたけは低カロリーで食物繊維が多く含まれ、便秘の解消のほか、血圧や血中のコレステロールを下げ、高血圧や動脈硬化の予防や改善にも良いと考えられています。
また、エルゴステロールという成分は、紫外線にあたるとビタミンDに変化する性質があり、カルシウムの吸収を助けてくれます。
生しいたけも干ししいたけも、使用前に日光に当てることで、含まれるビタミンD量を増やすことができます。

しいたけには、旨味成分のグアニル酸やグルタミン酸が多く含まれます。
生よりも干した方が、より多くの旨味成分が含まれ、また戻し汁に多く溶け出すので、だし汁として広く利用されます。

健康に良い成分を多く含むしいたけですが、アレルギー体質の方は、腹部の不快感などの症状が出る可能性があるので、気をつけましょう。

しらす干し

しらす干しの栄養素

タンパク質
40.5g
カルシウム
520㎎
鉄分
0.8㎎
亜鉛
3.0㎎
ビタミンD
61.0μg

(食材100gあたり:五訂日本食品成分表より抜粋)

しらす干しの特徴

しらすは、骨や内臓も気にすることなく1匹そのまますべて食べられる食材なので捨てる部分がない分、栄養価も高くカルシウムが豊富にあります。

それ以外にもしらすにはDHAやEPAが多く含まれているので体にとても栄養のある魚です。またシラスには離乳食を始めた赤ちゃんや、歯を丈夫に保ちたい方にもおすすめですよ。ただ、食べすぎると塩分が多くなってしまうので注意が必要です。


ちなみにしらすはどの魚の子供かご存知ですか?

実はしらすは鰯の稚魚のことをさしています。知っていましたか?

しらすはどんな料理にでもあうものなので、是非気軽に食べてください。


ページのトップへ