当院について

理念・基本方針・医療を受ける人の権利・パートナーシップとお願い

理念・基本方針

 

 

 

 

〈基本方針〉

私たちは患者様の人権を尊重し、説明同意に基づいた【最高の医療体験】をしていただくために

  1. 最高の安全システムを築きます。
  2. 思いやりの精神で質の高い最高の医療サービスを提供できるように心がけます。
  3. 地域との医療連携を密に深めます。
  4. 豊富な症例の基に臨床教育に励みます。
  5. 先進医療に取り組んで参ります。

医療を受ける人の権利

【医療を受ける人の権利】


あなたは

  1. 自分の意思と人権を尊重される権利を持っています。
  2. 公正で適切な医療を継続的に受ける権利を持っています。
  3. 診療上の情報と説明を受ける権利を持っています。
  4. 医療行為を選択し、拒否する権利を持っています。
  5. 疑問を伝え、不服を申し立てる権利を持っています。
  6. プライバシーを保障される権利があります。
  7. セカンドオピニオンを保障される権利があります。




【医療を受ける人と医療者のパートナーシップ】


当院では、「愛と奉仕」の理念に基づき、医療を受ける人の身になって医療を提供することを目指しています。

 

このために「医療を受ける人の権利」を尊重し、安全な医療を推進すると共に、医療を受ける人と医療者とのパートナーシップを築くことが重要と考えています。そのため、我々は十分なインフォームドコンセント、セカンドオピニオン、情報開示等を介して医療を受ける人が自らの意志で医療を選択できるようお手伝いします。また、医療の選択に際し、倫理的な検討が必要になった時には、第三者を含めた倫理委員会にて検討しています。

 

医療を受ける人は、医療者と目標を共有しご自身の医療に臨むため、積極的にご意見をお伝えください。

 

通院・入院を通じてよりよきパートナーシップを構築するために、「医療を受ける人へのお願い」を皆様に提示しておりますのでご協力ください。ご不明な点はご遠慮なくお申し出ください。





【医療を受ける方へのお願い】


当院の職員とよりよい信頼関係を築き、安全で満足の行く高度な医療を体験して頂くために、ご理解とご協力をお願いします。


  1. 病歴、アレルギー歴、服薬歴などの他、身体的、社会的、精神的状態や変化など診療に必要な情報は正しくお伝えください。
  2. 医療過誤を避ける目的で、医療行為開始時のお名前確認、入院・検査時のリストバンドの着用などについてご協力をお願いいたします。
  3. 検査や治療などの医療行為は、十分な理解と合意の上で受けていただくために、診療上の必要な指示や助言はお守りください。
  4. 医療行為の妨げや他の患者様の迷惑にならないよう病院の規則を守っていただきますよう御協力をお願いします。
  5. 医療を受ける上でお困りなこと、ご心配なこと等ご遠慮なくいつでも職員に声をかけていただきますようお願い致します。相談室は1階総合受付隣りに設けてありますのでご案内します。
ページのトップへ