当院について

当院倫理委員会承認済み研究一覧

研究名 透見不能な硝子体出血患者に対する早期硝子体手術の有効性についての検討
実施診療科 眼科
研究目的 神戸大学医学部附属病院および神戸海星病院眼科では、硝子体出血を生じた患者さんに対して硝子体手術を施行しております。
近年、硝子体手術の技術が進歩し、より短時間で低侵襲に行うことができることが分かってきています。
硝子体出血の原因としては治療を早期にしたほうがよい場合があり、手術の適切な時期については明らかとなっていません。
より早期に手術を行うことが有効であることが明らかとなれば、今後の治療を行ううえで大変有用です。そこで2013年4月1日から2018年3月31日の間に硝子体出血に対して硝子体手術を施行された患者さんのデータをカルテから収集し、手術時期別に治療成績を比較することで、早期の硝子体手術が有効であるかを検討する研究を実施することといたしました。
研究期間 2018年8月13日から2019年3月31日まで行う予定
利用する個人情報 ■患者背景:性別、年齢、手術前の矯正視力
■発症から手術までの期間
■術後合併症
■出血の原因となった疾患名
■手術後の最終矯正視力
研究機関 この研究は以下の研究機関と責任者のもとで実施いたします。
【代表研究機関】神戸大学医学部附属病院眼科
(研究代表者:三木明子)
【協力研究機関】神戸海星病院 安積淳
研究代表者 神戸大学医学部附属病院 三木 明子(眼科)
問い合わせ窓口 本研究に関するご意見、ほか相談窓口
研究責任者:安積 淳(眼科)
電話番号 :078-871-5201(代表)
受付時間 :月~金 8時30分~17時15分(土・日・祝日を除く)

 

研究名 末期変形性膝関節症患者におけるTimed Up & Go testに影響を及ぼす身体機能の検討
実施診療科 医療法人財団 神戸海星病院 リハビリテーションセンター
研究目的 末期の変形性膝関節症患者におけるTimed Up & Go test(TUG)に影響を及ぼす身体機能について検討する。これにより、人工膝関節全置換術膝(TKA)を受けられる患者さまに対して、手術前にリハビリテーションを行う際に介入すべき身体機能を明らかにすることを目的とする。
研究対象 2014年(平成26年)1月1日~2017年(平成29年)12月31日までの期間に、当院で人工膝関節全置換術を施行するにあたり、リハビリテーションセンターにおいて手術前の検査を受けられた患者さま
利用する個人情報

■対象者情報:性別、年齢
■身体所見 :身長、体重、体格指数(BMI)
■画像所見 :レントゲン撮影による膝関節の重症度評価
■身体能力に関する情報

膝関節の疼痛・可動域・筋力、重心動揺、運動機能(TUG)

個人情報の利用目的 上記研究において、データ集計および分析に用いるため。
問い合わせ先

本研究に関するご意見、ほか相談窓口
研究責任者:眞田 祐太朗(リハビリテーションセンター)
電話番号 :078-871-5201(代表)

受付時間 :月~金 8時30分~17時15分(土・日・祝日を除く)

 

研究名 人工膝関節全置換術後早期における体幹の荷重支持機能の改善が身体能力の改善に与える影響
実施診療科 医療法人財団 神戸海星病院 リハビリテーション科
研究目的 人工膝関節全置換術後早期は膝関節機能が一時的に低下するため、体幹機能が重要になると言われている。本研究では、体幹機能の改善が人工膝関節全置換術後の回復にどのような影響を与えるのか、その関連性を明らかにする。これにより人工膝関節全置換術後早期の介入方法を工夫することを目的とする。
研究対象 2015年(平成27年)11月1日~2016年(平成28年)3月31日の
期間に、当院で人工膝関節全置換術を施行された患者さま
利用する個人情報

■膝関節機能および身体能力に関する情報
膝関節可動域、筋力、

立ち上がり動作速度、歩行速度、ステップ動作速度

個人情報の利用目的 上記研究においてデータ集計および分析に用いるため
問い合わせ先

本研究に関するご意見、ほか相談窓口
研究責任者:石田一成(リハビリテーション科 責任医師)
電話番号 :078-871-5201(代表)

受付時間 :月~金 8時30分~17時(土・日・祝日を除く)

 

研究名 人工膝関節全置換術患者の術前の重心動揺速度と術後の膝関節屈曲可動域との関連
実施診療科 医療法人財団 神戸海星病院 リハビリテーション科
研究目的 人工膝関節全置換術後における膝関節屈曲可動域と術前のバランス能力(重心動揺速度)との関連性を年代別で明らかにする。これにより、術後の膝関節屈曲可動域の獲得に難渋する患者様を術前評価の時点で把握し、手術までの間の運動指導に役立てることを目的とする。
研究対象 2012年(平成24年)1月1日~2015年(平成27年)12月31日の期間に、当院で人工膝関節全置換術を施行された患者さま
利用する個人情報 ■個人情報
年齢、性別
■膝関節機能および身体能力に関する情報
膝関節可動域、筋力、重心動揺速度
個人情報の利用目的 上記研究においてデータ集計および分析に用いるため
問い合わせ先 本研究に関するご意見、ほか相談窓口
研究責任者:星野祐一(リハビリテーション科 責任医師)
電話番号 :078-871-5201(代表)
受付時間 :月~金 8時30分~17時(土・日・祝日を除く)

 

研究名 人工膝関節全置換術前の重心動揺と術後膝伸展筋力との関連性
実施診療科 医療法人財団 神戸海星病院 リハビリテーション科
研究目的 人工膝関節全置換術前の重心動揺と術後膝伸展筋力との関連性を年代別で明らかにする。これにより、術前評価から術後膝伸展筋力を把握し、術前の運動指導に役立てることを目的とする。
研究対象 2012年(平成24年)1月1日~2015年(平成27年)12月31日の期間に、当院で人工膝関節全置換術を施行された患者さま
利用する個人情報 ■個人情報
年齢、性別
■膝関節機能および身体能力に関する情報
重心動揺、膝伸展筋力、膝関節可動域
個人情報の利用目的 上記研究においてデータ集計および分析に用いるため
問い合わせ先 本研究に関するご意見、ほか相談窓口
研究責任者:星野祐一(リハビリテーション科 責任医師)
電話番号 :078-871-5201(代表)
受付時間 :月~金 8時30分~17時(土・日・祝日を除く)

 

研究名 人工膝関節全置換術後のドレーン留置の有無が運動機能に与える影響
実施診療科 医療法人財団 神戸海星病院 リハビリテーション科
研究目的 人工膝関節全置換術(以下、TKA)後のドレーン留置の有無が術後短期成績と関係性があるのかを明らかにし、術後早期の運動機能改善に役立てることを目的とする。
研究対象 2015年(平成27年)9月1日~2016年(平成28年)6月28日の期間に、当院で人工膝関節全置換術を施行された患者さま
利用する個人情報 I膝関節機能および身体能力に関する情報
膝関節可動域、筋力、痛
個人情報の利用目的 上記研究においてデータ集計および分析に用いるため
問い合わせ先 本研究に関するご意見、ほか相談窓口
研究責任者:星野祐一(リハビリテーション科 責任医師)
電話番号 :078-871-5201(代表)
受付時間 :月~金 8時30分~17時(土・日・祝日を除く)

 

研究名 人工膝関節全置換術後1年から2年の患者満足度の変化と、膝関節機能および身体能力の変化との関連性について
実施診療科 医療法人財団 神戸海星病院 リハビリテーション科
研究目的 人工膝関節全置換術後1年から2年における患者満足度が、膝関節機能および身体能力の変化からどのような影響を受けるのか、その関連性を明らかにする。これにより、退院後の患者さまに対して、膝関節機能および身体能力を高めるための日常生活における具体的な留意点について指導することを目的とする。
研究対象 2013年(平成25年)1月1日~2015年(平成27年)12月31日の期間に、当院で人工膝関節全置換術を施行された患者さま
利用する個人情報 ■膝関節機能および身体能力に関する情報
 膝関節可動域、筋力、立ち上がり動作速度、歩行速度
■膝に関するアンケート(満足度調査)結果に関する情報
 次の日常動作における膝の痛みに対する満足度
   座っている時、寝ている時、ベッドから起き上がる時、
   家事をしている時、レジャーや娯楽などを楽しんでいる時
個人情報の利用目的 上記研究においてデータ集計および分析に用いるため
問い合わせ先 本研究に関するご意見、ほか相談窓口
研究責任者:星野祐一(リハビリテーション科 責任医師)
電話番号 :078-871-5201(代表)
受付時間 :月~金 8時30分~17時(土・日・祝日を除く)
ページのトップへ